コロナ禍でのイベントの現状を調査!

  • 2021/08/29 更新

コロナ禍でのイベントの現状を調査!

このページは小野 晋一郎が書きました

こんにちは!小野です!

コロナ禍の影響がまだある中、スポーツイベントや催しの現状を調べてみました!
と言うのも、私たちの事業の根幹にあるオフラインでのスポーツイベントは大きな影響を受け、現場では様々な工夫を凝らし事業を構築しております。

東京商工による昨年3月のリサーチでは、新型コロナウイルスの影響による、企業活動に変化が生じた事業のグラフでは「イベント、展示会の延期・中止」が構成比の半数を占める実情となりました。

出展:第2回「新型コロナウイルスに関するアンケート」

弊社がオフィスを構える埼玉県川越市、鶴ヶ島市内でも20218月現在も政府による緊急事態宣言下にあり、自粛要請が続いています。

コロナ禍でも、無観客などの対策を講じて東京オリンピック・パラリンピックや甲子園等、最近では大型フェスであるフジロックの開催も行われています。
上記のように、屋外でのスポーツやイベントはクラスター発生に警戒しながら開催を進める団体も多くみられます。

リモートやテレワーク等オンラインでの活動が増える中、一方でオフラインならではの体験や、五感である視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の価値が高まっているとも言えます。

新型コロナウイルス完全終息であるafter コロナの見通しが不透明な中、時代の潮流はwith コロナという選択をとる企業が増えています。弊社でも新型コロナウイルス感染対策に万全を期してサービスを提供しています。コロナ禍による運動不足やストレスを屋外で安心・安全に解消しませんか?

是非一度、弊社が運営する川越フットサルリゾート鶴ヶ島フットサルリゾートに足を運んでみてはいかがでしょうか?