会社概要

社長挨拶

私の中のスポーツで休日の一歩先

私達ファイブフォーラックでは「スポーツで休日の一歩先へ」と社是を掲げ
全従業員の物心共の幸福を目指すと共に、スポーツを通じて、
人、地域、社会の発展に貢献することを目指す、スポーツビジネスカンパニーです。

私の中のスポーツで休日の一歩先は
出会い』と『成長』、この2つの体験です。
人と人が出会い、あたらしい体験が生まれる。
目と目を合わせて会話する。
仲間と肩を組み、思いを共有する。
それぞれの体験はどんな時代においても欠かせないものだと私は感じています。

私自身、実は幼いころからスポーツに熱中してたわけではなく
小学校2年生から中学3年生までサッカーに関わっていましたが
高校からは帰宅部という、平凡にも届かない学生生活でした。

社会人1年目のことです。
当時、立ち上げ1年目という事実とフットサルという言葉に惹かれ、
旧当社へ新卒で入社しましたが、入社まもなく先輩社員が辞めてしまい
社会人1年目でアパート1室に社員が私一人という新社会人生活が始まりました。

右左わからぬ中で唯一あったのは、月に一度のフットサル大会の運営でした。
フットサル大会を月に一度開催するだけでは
当時の私のお給料やアパートの部屋代を賄うことはもちろんできません。
まずは自分のお給料の分だけでもとその思いで考えて行動しようと決めました。
そのためには大会のチーム数を集めることか、
開催数を増やすのか、
新規事業を行うのか、
選択肢がたくさんある中、その時の周りの皆様にアドバイスをもらい
上記の選択肢はすべて取り組みました。

業務を続けていく中、フットサルのお客様、施設のスタッフ、オーナーに支えられ
少しづつ事業を拡大することができ、複数あったフットサル関連の会社をまとめ
2014年に現在の弊社「ファイブフォーラック」を立ち上げることができました。
この体験で私の中の「一歩先」の状態とは
出会い成長だと感じました。

なぜスポーツなのか

インターネットが普及したと思ったら、携帯電話を誰もが持ち、どこでも誰とでもつながる時代
世の中の”便利”が急激に加速しています。
私もどちらも毎日利用し、毎日の生活が大きく変化し、とても便利だと感じています。
これからはさらにその便利が発展し
AIを中心にいつか人間は家から一歩も外に出なくて良い、そんな時代が到来すると私は考えています。

今あるあたりまえは、途端に変化していくことでしょう。
しかし、休日はどんな時代においても素敵な「過ごし方」はあることでしょう。
私はあくまで数ある素敵な体験の中でもスポーツを通じて
感動体験を皆様と共有するこにこだわっていきたいと思います。

それは、私達がこれまで事業を通じて体験してきた小さな感動の数々が大きな理由です。
世代を超えた男女がハイタッチをする
出会った仲間で、チームが生まれ、肩を組み、目標に向けて努力を重ねる、
スポーツの場に集まり、目と目と合わせて会話し、時には相談仲間となる
人と人、人と地域の触れ合いの中には確実に新しい何かが始まり、
そしてスポーツのシーンにはいくつもこの瞬間があることを感じました。

あなたのスポーツで休日の一歩先へ

私達は全てのお客様と素敵な休日のお時間を共有させて頂けますよう、以下の3点から展開致します。

  • スポーツをする場所
  • スポーツをする機会
  • スポーツを見る

私達と一緒に、スポーツで休日の一歩先を体験してみませんか。

取締役 小野晋一郎


社名
有限会社ファイブフォーラック
設立
2014年7月14日
所在地
〒350-1150 埼玉県川越市中台南2-10-1
資本金
300万円
従業員数
21名(パート・アルバイト含む)
会社名由来
ファイブフォーラック / ダジャレでゴラク / 5 for luck →幸せになる為の5項目
会社ロゴ
取引銀行
三菱UFJ銀行 / 飯能信用金庫
URL
https://www.54-luck.com
会社沿革
2003年 9月 有限会社川越フットサルリゾート設立
1店舗目:川越フットサルリゾート運営開始
フットサルコート賃貸業務開始
フットサル大会業務開始
個人参加フットサル業務開始
2005年 9月 フットサルイベント事業部設立
2006年 4月 パブリックフットサルさいたま施設コンサルティング
2006年 5月 岩手県フットサル事業開始
2009年 4月 ジュニアサッカースジュール(R'S)立ち上げ
2010年 4月 インターネットショップ(エフスポ)立ち上げ
2014年 4月 フットサルクラブチーム(エフスポ川越)運営開始
2014年 7月 社名登記変更 有限会社ファイブフォーラック設立
2017年 1月 2店舗目:鶴ヶ島フットサルリゾート運営開始

54-luck 会社理念