バックパス!バックパス!|フットサルルール

  • 2018/02/10 更新

バックパス!バックパス!|フットサルルール

試合中に叫んだことはないでしょうか?
バックパスと呼ばれる違反の競技規則の条文はこちらです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボールをプレーしたのち、相手競技者がプレー、または触れていないにもかかわらず、ピッチの自分自身のハーフ内で、味方競技者によって意図的にゴールキーパーに向けてプレーされたボールに再び触れる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうして、まじまじと競技規則の文言を目にすることは、少ないのではないでしょうか?
よく読むと、文章中に”意図的に”とあるように、味方に意図がなければ、相手競技者が触れていなくてもバックパスにはなりません。
しかし、明らかに意図してキーパーにパスをしていなくても、バックパスと判定されてしまうケースがあります。
これは”意図的に”の解釈にあります。さらに詳しく知りたいと思っていただいた方は是非一緒に審判しませんか?

余談ですが、よく大会で耳にするバックパスというルール。
本来は、味方からのパスをキーパーが手や腕で受け取った場合の反則の通称なのです。
俗に言う、バックパスは通称リターンパスと呼び、反則を区別します。
今まで「バックパス!」と叫んでいたところを、「リターンパス!」と言うだけで、周りから通だなと一目置かれるかもしれませんよ。

■■■ 定期開催!個サル情報 ■■■

【毎週火曜日】
場所:所沢フットサルパーク
時間:20:00-22:00

【毎週水曜日】
場所:プレオンふじみ野
時間:20:30-22:30

【毎週金曜日】
場所:所沢フットサルパーク
時間:20:00-22:00

個サルへの申し込みは、個サル詳細ページから!

 

■■■ 大会情報 ■■■

最新情報を日々更新中!
詳しくは大会情報ページをチェック!!

自社施設の「川越フットサルリゾート」、「鶴ヶ島フットサルリゾート」で開催する大会へもどうぞご参加ください!
川越大会情報ページをチェック!
鶴ヶ島大会情報ページをチェック!

instagram of F_SPO